青汁

「青汁」おすすめの美味しい飲み方!

投稿日:

バラエティ番組の罰ゲームで青汁が使用されているのを観たことがあるかと思います。

タレントが顔を歪めながら、最後まで青汁を飲み干す様は観ていて面白いですが、本当に青汁はそんなに不味いのでしょうか。

 

1.青汁の味とは?

青汁の味

青汁の味とはズバリ葉っぱの味です。

青汁にはいくつか種類があり、代表的なものは大麦若葉、ケール、明日葉などが挙げられます。

中には、いくつかの野菜をミックスしたものもあります。

個人的な感想で、それぞれの味を一言で言うと

○大麦若葉……青くさい抹茶の味

○ケール………濃いキャベツの味

○明日葉………青くさい煎茶の味

がします。

良くも悪くも青汁の原料は葉野菜なので、青くささや苦味があり、それ故に青汁は不味いの代名詞になってしまっているのです。

わざわざ青汁を買ったにも関わらず、その味が原因で継続できていない人も多いのではないでしょうか。

そこで、青汁飲用者ならば、少なくとも一つは試したことがあるだろう美味しい青汁の飲み方をご紹介します。

 

2.青汁とりんごジュース

 

りんごジュース

青汁とりんごジュースの組み合わせは、容易に想像できるかと思います。

市販の野菜ジュースの多くはこの組み合わせがメインになっています。

それならば、自分で混ぜるのではなく、市販の野菜ジュースを買ったほうが早いと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、自分でりんごジュースと青汁を混ぜることで、その割合を調整できるのです。

市販の野菜ジュースは、誰もが美味しく飲めるように調整されています。

健康飲料としての意味合い以上に、清涼飲料水という意味合いが強くなってしまっているのです。

そのため、ジュースと同じ量の糖質が入っています。わざわざ青汁を買った方ならば、健康には気を遣っているかと思います。

それでしたら、まずは飲める範囲でりんごジュースと青汁をまぜ、徐々にりんごジュースの割合を減らしていってはいかがでしょうか。

また、この方法はりんごジュースに限ったものではなく、オレンジジュース・野菜ジュース・キャロットジュースなどでも代用できます。

ぜひ、ご自身にあったジュースの組み合わせと量を見つけ出してみてください。

 

3.青汁と牛乳

牛乳

青汁と牛乳のコンビは、案外美味しく飲めます。

前項で青汁の味について、大麦若葉が青くさい抹茶、明日葉が青くさい煎茶と記載しました。

牛乳で青くささが緩和されるため、青汁のお茶っぽさが強く残ります。

その結果、グリーンティーラテが出来上がります。

牛乳が好きな方は、ぜひ一度お試しください。この組み合わせの良いところは、牛乳のカルシウムとタンパク質が同時に摂取できるところにあります。

ダイエット中に不足しがちなカルシウムや体づくりに欠かせないタンパク質を一緒に摂取できるのです。

 

4.青汁と氷水

青汁と氷水

前項で青汁と牛乳の組み合わせが、ダイエット中の方や体づくりをしている方にお勧めだと紹介しました。

しかし、夜寝る前に青汁を飲む方の中には、なるべくカロリーを増やしたくないという方もいるのではないでしょうか。

そんなストイックな方には、冷たい水と一緒に飲むことをお勧めします。普通の水で飲むことに比べ、青くささが軽減されるのです。

 

5.青汁とバナナ

バナナ

青汁とバナナの組み合わせもなかなか美味しいです。

バナナのエネルギーと青汁のビタミンやミネラルを組み合わせることで、忙しい時には朝ごはんの代用としてもお勧めです。

作り方は、青汁粉末とバナナと適量の水をミキサーで混ぜるだけです。

あらかじめ水で青汁を軽く溶かしておくと、粉末が固まってしまうのを防ぐことができます。

お好みでハチミツやミントなどを入れるのもお勧めです。

 

6.青汁(粉末)とヨーグルト

ヨーグルト

粉末青汁とヨーグルトの組み合わせは、少量の摂取には向いています。

小さい子供のいる家庭では、ゼリーやヨーグルトで薬を包んで服用するという方もいるのではないでしょうか。

まさしく青汁を粉末の薬と同様にヨーグルトで包み込んで服用します。

少量でしたら、あまり青汁の味を感じることなく、体内に取り込むことができます。

ヨーグルトの利点としては、その乳酸菌にあります。

青汁の食物繊維とヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を改善し、驚くほどの効果が期待できるのです。

便秘でお悩みの方はぜひ試してみてください。

 

7.青汁と料理

ハンバーグ

青汁の青くささに抵抗がある方は、料理に使うことをお勧めします。

例えば、ハンバーグの具として青汁を使えば、青汁が入っているかどうか全くわからずに、青汁を摂取することができます。

この方法は、自炊をする方限定ですが青くささを気にせずに青汁を一番簡単に摂取することができます。

青汁の飲み方ではありませんが、最後に紹介させてもらいました。

 

8.まとめ

不味いの代名詞になってしまっている青汁の美味しい飲み方をご紹介しました。

個人差もありますが、摂取しやすい順番に並べれば、料理、りんごジュース、バナナ、ヨーグルト、牛乳、氷水の順番になります。

また、飲みやすさだけでなく、効用も意識して、自分自身にとって最高の組み合わせを見つけてみてください。

-青汁

Copyright© 青汁おすすめ人気ランキング 青汁効果で便秘解消 栄養補給 ダイエットも , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.