青汁

目からウロコ!?青汁に関するウソ・ホントに徹底密着!!

投稿日:7月 18, 2017 更新日:

健康に良い飲み物として、青汁がよく知られています。豊富な栄養素が含まれているので、体に様々な効果があります。

その中でいくつか疑問に感じる部分もあるのではないでしょうか?今回は青汁に関するウソ・ホントを解決します。

ウソ・ホント

 

1.青汁を飲んで便秘を解消できるってウソ・ホント?

青汁を飲んで便秘が解消できるという話を聞いたことがあると思います。これはウソかホントかをハッキリさせます。

1.1 青汁は便秘を解消します!

便秘解消

結論から言えば、青汁は便秘を解消する効果があります

豊富な食物繊維が腸を刺激し、排便を促してくれるのが大きな理由です。

便と一緒に体に溜まった老廃物や有毒物質を排出するので、シミやニキビといった肌のトラブルをはじめ、様々な病気になりにくくします。

 

1.2 食物繊維は便秘解消以外にも色々な効果が!

満腹

食物繊維は便秘解消以外の健康に関するトラブルを解決してくれます。

食物繊維を含んだ食べ物はしっかり噛まないといけないため、満腹感を満たすのにうってつけです。

結果、間食や食事量を抑えてくれます。

それだけでなく、糖質の吸収を抑えたり、コレステロール値を下げる効果があるので、ダイエットの中で摂取しておきたい栄養素と言われています。

青汁の場合、食物繊維以外にビタミンやミネラル等の不足しがちな栄養素を補えます。

飲む際は乳酸菌やオリゴ糖を配合したものをおすすめします。

食物繊維の効果をサポートし、便秘やダイエットの効果を後押しするからです。

 

1.3 飲み過ぎは逆に便秘・下痢の原因に

下痢

青汁は便秘を解消する効果を持っていますが、飲み過ぎは厳禁です。

食物繊維には水溶性食物繊維と脂溶性食物繊維の2つがあり、脂溶性食物繊維を多く摂取すると便が硬くなってしまいます。

結果、便秘となってさらに苦しくなります。その他にも、腸が刺激され過ぎて下痢になったりします。

青汁を飲む際は用量・用法を守るのが鉄則です。

 

2.妊婦は青汁を飲んではいけないってウソ・ホント?

妊婦は青汁を飲んではいけないという話を聞いたことはありませんか?ここでは、それがウソかホントかをハッキリさせます。

2.1 飲んで良い青汁と飲んではいけない青汁がある

妊婦

妊婦が飲んで良い青汁と飲んではいけない青汁があるため、答えはホントとウソの両方です。

青汁にカフェインが含まれているかどうかで判断します。

カフェインは眠気覚ましや利尿効果の促進を促す成分です。

眠気を覚ますためにコーヒーを飲んだりしているという人も多いのではないでしょうか?

妊婦の場合は胎児の発育に影響を及ぼし、最悪の場合は流産等のリスクが出てきます。

そういった理由から、青汁は飲んではいけないと言われています。

もし、妊婦が青汁を飲む際、ノンカフェインのものを飲むようにしないといけないです。

カフェインの摂取量は1日200mgが目安になってきます。

 

2.2 妊婦にとって必要な栄養素が青汁にはある!

青汁には葉酸と呼ばれる栄養素が含まれています。

葉酸は赤血球の生成や胎児の発育を促す効果があります。

妊娠中と赤ちゃんを育てる間は通常の2~3倍の葉酸を摂取しなければならないです。

貧血予防のために葉酸を豊富に含んだレバーを食べるよう言われたりするのも同様の理由となっています。

ちなみに、通常の葉酸の1日摂取量は240µgと言われています。

 

2.3 青汁を飲む際は医師に相談してから

医師に相談

青汁を飲む際はまず医師に相談しておく必要があります。

問題無ければ、飲んでも大丈夫ですが、そうでない場合は飲むのを控えなければなりません。

副作用が起きたり、胎児に影響があったら目も当てられないです。

 

3.青汁にアンチエイジングの効果があるってウソ・ホント?

青汁には、アンチエイジングに効果があるという話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ここでは、それがウソかホントかをハッキリさせます。

 

3.1 青汁にはアンチエイジングの効果があります

ビタミン

青汁には、ビタミンCやビタミンAといった抗酸化作用を持つ栄養素が豊富アンチエイジングを行う上で持ってこいの飲み物です。

肌の老化や動脈硬化は活性酸素が引き起こすと言われており、ビタミンCやビタミンAが活性酸素を抑えます。

特に、ビタミンCは美白になるために必要な栄養素として知られているので、普段からアンチエイジングを行う上で積極的に摂取している人も多いのではないでしょうか?

 

3.2 青汁は水で割って飲むのが良い

青汁は水で割って飲むのが良い

青汁に含まれている栄養素を効率よく摂取する際、水で割って飲むのが良いと言われています。

ビタミンC等の一部の栄養素はお湯で割ると損なわれます

牛乳や豆乳といった飲み物で割って飲むことで食物繊維の効果を活かせるので、おすすめです。

その際はアレルギーが無いかどうか確認しておく必要があります。

 

3.3 果物や生野菜と一緒に食べるのが大事

果物

果物や生野菜に含まれている酵素を摂取することで、青汁に含まれているビタミンの働きをサポートします。

それにより、代謝や消化の効率が良くなります。

酵素だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富なので、アンチエイジングも期待できるので、積極的に食べておきたいところです。

 

青汁を飲んで健康な体になろう!!

青汁は便秘解消や貧血予防、胎児の発育、アンチエイジングと様々な悩みを解決してくれます。

普段の食生活に1杯飲むだけでも良いので、これを機に青汁で健康対策を始めてみてはいかがでしょうか?

-青汁

Copyright© 青汁おすすめ人気ランキング 青汁効果で便秘解消 栄養補給 ダイエットも , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.