体験レビュー 青汁

伊藤園 イチョウ葉 青汁を飲んでみました!

投稿日:

青汁 おすすめ 伊藤園 イチョウ葉 青汁

【ここがイチオシ!】 こんな青汁初めて! イチョウ葉エキス配合思い出す力をサポート

【おいしさ】 正直な話し、苦いです

【成分】 国産イチョウ葉の他、主原料には国産ケール、国産大麦若葉を使用

【安全性】 産地、生産者にこだわり九州を中心とした国産を使用

【価格】 1杯106円+税(毎月お届けコース)

1. ここがイチオシ!伊藤園 イチョウ葉 青汁

「お~いお茶」でおなじみの伊藤園ですが、コンビニや自動販売機などで見かけるおなじみの飲み物の他に、独自の公式通販サイトがあり、そこで様々な健康食品や健康飲料を取り扱っています。

トクホ飲料や機能性表示食品(※1)の開発にも力を入れており、青汁は既に数種類のものが販売されているのですが、その中で機能性表示食品のものが、この「イチョウ葉 青汁となります。

この「イチョウ葉 青汁」の何がイチオシかっていうと

「あの女優さん、なんて名前だっけ?」

「この食べ物、なんていうんだっけ?」

と言うような、年を重ねるとだんだんと多くなる日常生活の中での思い出せない事を、思い出せるようサポートしてくれるのです。

体にいい青汁はスーパーやコンビニでも買えるようになったほどプピュラーな飲み物になったけれど、頭にいい青汁は初の試みではないでしょうか?

そう、この伊藤園 イチョウ葉 青汁は、認知・記憶力に働きかける青汁。

この頃、友人と食事した時の割り勘の暗算が大変になってきた私としては、青汁を飲むことでそんな嬉しい効果が得られるなら早く飲みたい!
(・・・そして両親にも飲ませたい)

と言う事で早速飲んでみました! >>伊藤園 イチョウ葉 青汁の詳細はこちら

※1「機能性表示食品」とは
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。

 

2. イチョウ葉 青汁のおいしさ

青汁 おすすめ 伊藤園 イチョウ葉 青汁1包正面

「イチョウ葉の味ってどんな感じだろう?」

初めてのイチョウ葉にワクワクしながらスティック開封。

やや弱めの牧草系(きっと大麦若葉?)の香りがします。

 

そして粉末は11gも入っています。

通常の青汁はだいたい3g程度なので、これを見れば量の差は歴然ですね。

青汁 おすすめ 伊藤園 イチョウ葉 青汁と量の比較

これに180mlの水を加え、シェイカーで軽く4~5回振っただけでよく溶けました

それでは実食(実飲?)!

 

2.1 イチョウ葉 青汁はショーゲキの味!

苦い!

苦い!苦い!苦いぃぃぃぃ~~~~

「ゆっくり口に含んで舌で味を確かめるんだ!」と思う脳とは別に

「い、いやぁぁ~、早く飲みこんでぇ~」と叫ぶ心。

とにかく飲んだ感想を文字にしなくちゃいけないのでワインのテイスティングさながら、口に含んで「んもんも」ってやりました。

黒糖がほんのり甘いんですが、イチョウ葉の苦みに太刀打ち出来ていません。

苦みを抑えるために国産ミルクが入っているので全体的にまろやかなんですが、このミルクと黒糖が入っていなければ「どんだけ苦いの?」と突っ込まずにはいられない。

とにかく今まで飲んでいた青汁は「ただのジュースだよ!」と言いたいくらい、他に類を見ない苦みのパンチが効いた青汁です。

 

ところが・・・ところがです!

30分後くらいには頭がシャキッとしているんです。(この苦みのせいなのか不明ですけれど・・・)

そして翌日には、「また飲んでみようかな・・・」となぜか思うのは怖いもの見たさの心理?でしょうか。

それから何度飲んでも

「苦いぃ~、いやぁ~」

「ゴクッ、ゴクッ、ゴクッん」

 ー30分後ー

 頭がシャキッ

 ー翌日ー

「また飲んでみようかな・・・」

このループにはまります。

 

 2.2 私の父(70代)が1ヶ月試した結果

「アレ、取って」

「アレ、買ってきて」

・・・となんでも主語が「アレ」になってしまう父(70代)にイチョウ葉 青汁を1ヶ月飲んでもらいました

まず味ですが、私がさんざん苦いと言っていたあの苦み、「あ~苦いよね♡」とちょっとトーンダウン、男70代にはそれ程苦くないようです。

そして「思い出せる力のサポート」ですが効いているような気がする!との事。

と言うのはですね、例えば買い物で「あと何買うんだっけ?」とか、台所で「何取りに来たんだっけ?」というような事が減ったとの事です。

とにかく父は気に入ったようで、「しばらく続けてみたい♡」と言っていました。

青汁 おすすめ 伊藤園 イチョウ葉 青汁

 

3. 伊藤園 イチョウ葉 青汁の成分

主な原材料は

  • イチョウ葉(九州阿蘇産等)
  • ケール(国産)
  • 大麦若葉(国産)
  • スピルリナ

です。その他

  • 黒糖
  • 乳糖
  • 脱脂粉乳
  • 乳たんぱく質
  • でん粉

が配合されています。

青汁 おすすめ 伊藤園 イチョウ葉 青汁の品質表示

何と言っても注目の成分は「イチョウ葉」ですが、その陰に隠れてもう1つの注目成分が・・・

それは「スピルリナ」です。

 

スピルリナ

スピルリナ

英語:Spirulina
学名:Spirulina platensis

スピルリナは、スーパーフードと言われ世界中で注目されている、美容や健康に効果のある藻の1種です。
長さは300-500μm程で、螺旋状の濃い緑色をした原核生物の仲間で、健康食品として利用されるほか、色素の原料にも利用されています。

約60%がたんぱく質でその他、ビタミン、ミネラル、多糖類(食物繊維)、そしてクロロフィルなどが含まれています。

 

クロロフィルとは?

この化粧品では有名なクロロフィルは「葉緑素」の別名。

緑色色素なのですが、消臭・殺菌効果の他、女性に嬉しい美肌効果デトックス効果があります。

クロロフィルは、単品サプリメントが発売されているくらい注目の成分。それがスピルリナに含まれているのです。

 

もう1つ注目したいのがβ-カロテン。
スピルリナには、ビタミンの1つβ-カロテンの含有量が特に多いのです。

 

β-カロテンとは?

β-カロテン(カロテノイドの一種)は、強力な抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、体の中に発生した活性酸素を取り除く働きの事です。

ストレス・不規則な生活・紫外線などで発生する活性酸素は、体内で増加しすぎると老化の促進や動脈硬化を招いてしまいます。

活性酸素が原因となっているこれらの悪いことを、β-カロテンが予防してくれるのです。

>>伊藤園 イチョウ葉 青汁の詳細はこちら

 

4. 伊藤園 イチョウ葉 青汁の安全性

主原料は全て国産、製造は国内で行っています。

特にイチョウ葉は、産地や生産者にもこだわりました。

イチョウ葉 栽培管理

イチョウ葉 手摘みで収穫する理由

 

4.1 アレルギー成分を除去

イチョウ葉には「ギンコール酸」という皮膚炎を引き起こすアレルギー成分が含まれています。

ですがご安心ください

伊藤園ではギンコール酸を1ppm以下に除去した原料を使っています。

ドイツの規格では、5ppm以下と定められているので、1ppm以下がどれほど安全であるかと言う事がお分かりいただけると思います。

>>伊藤園 イチョウ葉 青汁の詳細はこちら

 

5. 価格

「伊藤園 イチョウ葉 青汁」の通常価格は3,200円、1杯106円(税別)。

1回のみお届け
30包/約30日分 4,000円(税別)) 1杯133円/(税別)

毎月定期お届けコース
30包/約30日分 3,200円(税別)) 1杯106円/(税別)

毎月お届けコース 4回ごとに
30包/約30日分 2,000円(税別)) 1杯66円/(税別)

おすすめは定期お届けコース!

30包を1回のみお届けで購入すると、1杯133円となりますが、毎月お届けコースで購入すると、1杯106円と1日27円お得になります。

さらに4回ごとに1杯66円(半額)、67円もオトクになります。

定期お届けコースにはお休み制度があるので、長期旅行や商品が余ってしまった・・・などの理由でのお休みも、お届け予定日の10日前までに行えば当月から対応して頂けます。

伊藤園 イチョウ葉 青汁 毎月お届けコースの特典

購入方法は、インターネット限定の注文販売 です。実店舗では販売はされていません。

青汁 おすすめ 伊藤園 イチョウ葉 青汁
伊藤園 イチョウ葉 青汁はこちらです!

-体験レビュー, 青汁

Copyright© 青汁おすすめ人気ランキング 青汁効果で便秘解消 栄養補給 ダイエットも , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.