青汁

青汁の効果で生活習慣病を予防しよう!

投稿日:

青汁は健康に良い飲み物として知られています。

これを飲むことで生活習慣病の予防にも繋がります。

今回は青汁の効果と生活習慣病を予防できる理由を中心に説明していくので、少しでも健康について関心を持って頂けたら幸いです。

生活習慣病を予防しよう

 

1.そもそも生活習慣病とは一体何なのか

生活習慣病という言葉は一度でも聞いたことがあると思います。

まずは生活習慣病について説明します。

 

1.1 生活習慣病はこんな病気

生活習慣病は日頃の生活習慣の乱れにより発症する病気です。

  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 高脂血症
  • 糖尿病

といったものが挙げられ、様々な病気を発症するリスクが高くなってしまいます。

 

1.1.1 高血圧

高血圧は収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の状態を指します。

 

1.1.2 動脈硬化

動脈硬化は脂肪が血管の内膜に溜まり、血管が狭くなっていく状態を指します。

血栓ができやすくなるため、脳卒中等の病気のリスクが高くなります。

 

1.1.3 高脂血症

高脂血症は血液中のコレステロールや中性脂肪、遊離脂肪酸等が増加した状態を指します。

こちらも普段の生活習慣が乱れていると、発症しやすいです。

 

1.1.4 糖尿病

糖尿病はインスリンが上手く働かず、血糖値が高くなる状態を指します。

膵臓のβ細胞と呼ばれる所が破壊されてインスリンが欠乏するか、肥満により発症すると言われています。

 

1.2 生活習慣病の原因について

生活習慣病の原因に一体どういったものがあるのか紹介します。

その中には、自分の生活の中で思い当たるものが出てくるかもしれません。

 

1.2.1 食生活の欧米化

ファーストフード

ファーストフードやコンビニ等を利用する機会が増え、食生活が欧米化してきています。

結果、タンパク質や脂質、糖質、塩分の摂取量が多くなってしまうのです。

それによって、高血圧をはじめとした生活習慣病を発症するリスクが高くなってしまう恐れがあります。

 

1.2.2 デスクワーク等による運動不足

デスクワーク

長時間のデスクワーク等によって運動不足になっている人が多いのではないでしょうか?

運動不足になると、姿勢や血行が悪くなったりします。結果、高血圧や動脈硬化等のリスクが高くなるのです。

 

1.2.3 喫煙

喫煙

喫煙も血圧上昇や血管が狭くなったりして、高血圧や動脈硬化等の生活習慣病を引き起こす可能性があります。

 

1.2.4 日頃のストレス

日頃のストレス

家庭や学校、仕事等でストレスを蓄積する人が多いです。

ストレスは血圧上昇脈拍増加といった症状を引き起こします。

場合によっては高血圧等の生活習慣病をはじめ、胃潰瘍やうつ病といった病気になる可能性もあります。

 

1.3 生活習慣病を発症すると何が怖いのか

生活習慣病を発症すると、心筋梗塞や脳卒中、ガンといった死に繋がる病気を発症するリスクが高くなってしまいます。

そうならないためにも、日頃からの生活習慣が大事です。

 

1.4 生活習慣病を治すには

生活習慣病を治すには、以下の方法が挙げられます。

 

1.4.1 食生活の見直し

脂質や糖質、塩分の摂取量を抑えビタミンやミネラルの摂取量を増やしていくのが大事です。

1日3食バランスの良い食生活を送り、不足している栄養素を青汁やサプリメントで補っていきます。

 

1.4.2 適度な運動を行う

日頃から適度な運動を行い、血行の改善や脂肪燃焼を図っていく必要があります。

1日20分以上の有酸素運動を目安に息の上がらない程度の負荷で行うのが良いです。

デスクワークの際、太もも上げたりして血行を促してみてはいかがでしょうか?

 

1.4.3 禁煙を行う

禁煙を行い、高血圧や動脈硬化等のリスクを少しでも軽減する必要があります。

 

1.4.4 ストレス解消のための方法を身に付ける

十分な休息を取ったり、趣味に打ち込んだりしてストレス解消するのも大事です。

精神的な安定も高血圧等の予防に繋がります。

 

2.青汁を飲むことで生活習慣病を予防できる理由

青汁を飲むことで生活習慣病を予防できる理由

青汁を飲んで、生活習慣病を予防できる理由を説明します。

 

2.1 水分量を調節してくれるから

青汁には、カリウムが豊富ナトリウムや余分な水分を尿として排出します。これにより、血圧低下やむくみ予防が期待できます。

塩分を普段から取り過ぎている人は青汁を飲むのがおすすめです。

 

2.2 血液をサラサラにする栄養素が豊富

青汁には、ビタミンCや食物繊維葉緑素といった血液をサラサラにする栄養素が豊富です。

高脂血症や高血圧のリスクを軽減します。

 

2.3 コレステロール値と血糖値を下げてくれる

食物繊維がコレステロール値と血糖値を下げる効果を持っているので、高脂血症や糖尿病のリスクを下げてくれます。

また、満腹感を促し、食べ過ぎを防いでくれるのも注目しておきたいところです。

 

2.4 抗酸化作用に働くから

ビタミンCやビタミンA抗酸化作用に働き、動脈硬化等を予防してくれます。

シミやそばかす対策にもなるので、アンチエイジングを行う際においても青汁は心強い味方です。

 

3.青汁の効果を活かす方法について

青汁に含まれている栄養素をさらに活かしていくにはどういった方法があるのか気になりませんか?

ここでは、それについて紹介します。

 

3.1 果物と生野菜を食べる

青汁を使ってグリーンスムージー

果物や生野菜に含まれているビタミンCやカリウム、葉緑素、酵素といった栄養素を摂取し、生活習慣病の予防を行っていくのが大事です。

青汁を使ってグリーンスムージーにしてみるのもいいかもしれません。

 

3.2 牛乳・豆乳で割って飲む

牛乳・豆乳

青汁を牛乳や豆乳で割って飲むのもありです。

カルシウムやポリフェノールを補うことでストレスの緩和や抗酸化作用に働き、生活習慣病のリスクを下げます。

味も美味しいので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

3.3 ハチミツと合わせて飲む

ハチミツ

ハチミツは疲労回復の効果があるだけでなく、抗酸化作用のあるプロポリスや豊富なアミノ酸やビタミン、ミネラルが含まれているローヤルゼリーを摂取できます。美容でもハチミツが用いられています。

 

4.青汁を飲んで生活習慣病を予防しよう!

青汁

青汁は生活習慣病を予防する効果があり、日頃から飲んでおきたい飲み物です。

日頃の乱れた生活習慣が積み重なって高血圧や高脂血症等を発症するので、できる所から日々の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

-青汁

Copyright© 青汁おすすめ人気ランキング 青汁効果で便秘解消 栄養補給 ダイエットも , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.